自分ではわからない「すそわきが」大切なのは専門家の診断

症状

簡単チェック!すそわきが体質に多い特徴

陰部以外(ワキ・乳首)のニオイも気になる

家族にワキガ体質の方がいる

耳垢がカサカサしていない・湿っている

パートナーに陰部のニオイを指摘されたことがある

汗を掻いた後、乾いた時下着に黄色いシミがつく

これらはスソワキガ体質の方に多い代表的な特徴で、当てはまる数が多ければ多いほどスソワキガ(別名下(しも)わきが・トベラ)である可能性が高まります。

スソワキガの原因になっているのはアポクリン腺から出る汗。この汗は皮膚にいる雑菌等と結びつきその際臭いを発生させます。特に、デリケートゾーンの場合は、蒸れやすい環境・おりもの・生理等、元々においが発生しやすい環境。スソワキガと悪い意味で相性がよく、余計にニオイを感じやすくなる場所です。

アポクリン腺の数は体質なので、病院での汗腺除去をしない限り自分で減らしたりすることができません。よく、脱毛すればスソワキガが治ると思う方がいらっしゃいますが、それは間違い。蒸れ対策等には効果的ですが、スソワキガを根本的に改善することはできません。

一方、デリケートゾーンの臭いはスソワキガだけではありません。性感染症や洗いすぎ等いくつかの原因が隠れていることも。そのため、ご自分で臭いの原因を判断することは難しく、間違った対策をした臭いや病気を悪化させてしまうケースもあります。臭いが気になる場合は、とにかく専門家の診断を受けること。そうすることで原因と正しい対策が見つかります。

スソワキガだけじゃない!デリケートゾーンの臭いと関係するその他原因

デリケートゾーンの洗いすぎによる常在菌バランスの崩れ

清潔にしようとするのは悪いことではありませんが、しっかり洗いすぎすることもニオイの原因になります。洗いすぎで雑菌等から守ってくれる常在菌が減ってしまうことで、臭いの原因になる悪玉菌が増えてしまう結果に!デリケートゾーンはベビーソープや専用のアイテムで撫でるぐらいの洗い方で十分です。詳しくは、すそわきがと間違いやすい「洗いすぎ」をご覧ください。

性感染症・その他疾患

性感染症やその他膣系の疾患になると、臭いを伴うオリモノが増えるようになります。こうした場合、ニオイだけでなく異常な色や状態の下り物・性器のかゆみや痛み・出血等も伴うことが多いですが、疾患の種類によっては、症状が臭いだけだったりすることも珍しくありません。ワキガ体質ではないのにニオイが気になりだした場合等は、こうした疾患を疑う必要があります。できるだけ早く病院で診察をお願いしましょう。

蒸れによる雑菌の繁殖・毛深いアンダーヘアー(特にIOライン)

デリケートゾーンは蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい場所。アンダーヘアの処理はこうした蒸れの有効な対策の1つ。特にIOライン(陰部回りやおしりの穴回り)の毛には汚れがつきやすくニオイの元になることもよくあります。こうした部位の自己処理が難しという方は、サロンやクリニックでの脱毛も一度検討してみるのもアリ。人気部位なので、キャンペーン価格で結構格安で脱毛できちゃいます。