それは本当にすそわきが?デリケートゾーンの洗いすぎに注意

洗いすぎ

デリケートゾーンは汚れやすい場所でもあるので、清潔にしようとするのが普通です。ただし、過度に洗いすぎるのは注意が必要。

通常、皮膚には雑菌から守っている常在菌が存在しますが、洗いすぎたり、洗浄力が強い石鹸等を使うと一緒に洗い流されてしまう特徴があります。そうすると免疫力が落ち悪玉菌が増えやすい環境に変化、悪玉菌が優位になると雑菌の繁殖・臭いの原因につながります。

ニオイが気になりだすと汚れがあると思いまた洗う⇒臭いの悪化という悪いサイクルにはまってしまったり、洗ってるのに臭いがあるのはスソワキガかもと原因を勘違いしてしまうこともしばしば。

また、中には膣まで洗う方がいらっしゃいますが、これはとっても危険。常在菌同様、膣内を雑菌等から守っているオリモノまで洗いながしてしまうと、性感染症・膣・子宮頚疾患にかかるリスクが高まります。

わきが体質じゃないのにどうしてかアソコの臭いが気になる、きちんと洗ってるのにイマイチ...等々という場合、実は洗いすぎが関係しているケースが多いので、しばらく自分が思っている以上に優しい洗い方に変えて見てください。常在菌のバランスが整ってくると、ニオイが改善される場合が多々あります。

デリケートゾーンは専用ソープやベビーソープ等で洗うのがおすすめ!

ソープ

一般的なボディソープがすべて悪いわけではありませんが、それでもデリケートゾーンを洗うにはちょっと洗浄力が強すぎる面があります。できれば、専用のソープや石鹸を使うのが最適で、ベビーソープ等の洗浄力がまろやかなアイテムもオススメです。

洗い方はとにかく優しいのが一番。アンダーヘアーを撫でるぐらいで十分です。できるだけ粘膜部分には触れないように、まして膣まで洗う必要はありません。

普段からしっかり洗いに慣れている方は、何か物足りなさを感じるかもしれませんが、そこは我慢。優しい洗い方でも汚れはしっかり取れています。

人気デリケートゾーン専用石鹸・ソープランキング