すそわきが完治に必要な汗腺除去 病院で行われている治療法

治療法

スソワキガの程度によりいくつかの治療法が選択可能

すそわきがは、ニオイの元になるアポクリン腺という汗腺が原因。そのため、完治するためにはこの汗腺を除去しなければいけません。この除去方法はクリニック・スソワキガの程度によって多少の違いはあるものの、切開手術と切開不要手術の2つ。他に、一時的にニオイを抑えることができる注射もあります。詳しい治療法は、

シェービング法 切開による汗腺除去手術

局部麻酔を施した後、0.5mm~1cm程度皮膚を切開、そこから特殊な吸引器を挿入し汗腺を除去する一番オーソドックスな方法。ワキガ治療には一番多く用いられています。効果は確実で、1度の施術(40分程度)で完治可能。傷口も小さくそれほど目立ちません。料金は、平均45万円前後。※軽度なスソワキガの方の場合、割安(20万円前後)で施術できるクリニックもあります。

高周波で汗腺を破壊 主流になってきている切らない手術

高周波を発生する機器(ビューホット・ウルセラドライ等)で、汗腺を破壊する方法。シェービング法のように皮膚を切開する必要がなく、傷跡が心配な方でも安心。近年、主流になってきている治療法です。治療回数は、1回(こちらも40分程度)で完治する場合が多いですが、スソワキガの程度によっては、複数回必要な場合があります。料金は、平均35万円前後。シェービング法と比べると比較的安く治療を受けることができます。

ボトックス・ボツリヌストキシン注射 一時的に汗・臭いを抑える

ボトックス・ボツリヌストキシンといった汗を抑える成分を陰部に注射する方法。汗が抑えられる分だけニオイも気にならなくなります。ただし、1回の注射の効果は3~6ヵ月間。この方法ですそわきが対策をする場合、繰り返して注射をする必要があります。とりあえず臭いを消したい方、手術が怖い、経済的にケアしたい方々にはおすすめ。料金は、平均4万円~10万円(注射の種類による)。

現時点での医療制度ではスソワキガの手術に保険適用はされない...

保険

保険が適用される一般的な基準としては、肉体的・精神的な苦痛がある・日常生活で支障が出る等々。残念ながら、すそわきがは現在この基準を満たしていないのか、クリニックでの施術は美容目的と見なされています。ワキガの場合は、保険適用されるケースがあるので、なんとも耳が痛いお話です。

ただ、スソワキガの程度によっては、料金がぐっと低くなる場合・施術をする必要がない場合等もあるので、ご自分で判断せずクリニックで診断してもらうことをオススメします。治療をするしないに関わらず、無料で客観的な診断をしてもらえますよ。

クリニック選びのポイント | 治療クリニックランキング